イオンカードの審査

イオンカードは学生でも審査に通る!審査通過のためのチェックポイントを紹介!

学生でもイオンカードって作れるの?
イオンカードを作りたいけど、未成年でも大丈夫かな?

現在学生の方でも、イオンカードの申し込みが可能です。

審査難易度も高くなく、実際に学生でイオンカードを持っている方も多いので心配ありません。

ゆーこ
ゆーこ
「初めてクレジットカードを作りたい!」という方にとって、イオンカードは魅力がたくさんなカードです!

しかし、例えクレジットカードが作りやすい学生だったとしても、審査落ちする方がいるので申し込む前には注意が必要です。

当記事では、学生がイオンカードを作る際の審査基準や内容、学生でも審査に通過するためのポイントなどを詳しく解説していきます。

どんなイオンカードを作れるかは『イオンカードの全種類とあなたにあったおすすめのイオンカードを紹介!』の記事で紹介しているので、合わせて参考にするのがおすすめです。

イオンカードは学生でも審査は通りやすい!

イオンカードは学生でも審査は通りやすい!イオンカードは学生でも作れるクレジットカード!

結論から言うと、学生の方でもイオンカードを申し込むことができます。

学生というのは大学生や専門学生といった方を指しており、高校生は基本的に申し込めません。

  • 大学生
  • 大学院生
  • 専門学生
  • 短大生

審査も厳しくないので、実際にイオンカードを持っている学生さんは多いですよ。

学生の場合収入に関係なく申し込めるので、アルバイトをしていない方でも安心して申し込んでくださいね。

イオンカードの審査難易度については『イオンカードの審査は甘い?審査難易度や審査に通るためのポイントを解説!』の記事でも詳しく解説しています。

イオンカードの審査難易度は高い?審査落ちしないためのポイントを解説!2
イオンカードの審査は甘い?審査難易度や審査に通るためのポイントを解説!イオンカードの審査は甘いとよく言われていますが、実際にはどうなのでしょうか?イオンカードの審査基準や審査にかかる時間・期間を徹底的に解説していきます。また、イオンカードは学生や主婦でも申込みができ、実際にはそこまで厳しいカードではありません。イオンカードの審査に通過するためのチェックポイントや実際に審査に落ちた人の口コミを詳しく紹介しています。...

初めてクレジットカードを申し込む学生でも心配なし!

初めてクレジットカードを申し込む方は心配なし学生だからこそクレジットカードを申し込む価値はあり!

学生の時からクレジットカードを持つなんて難しそうだなあ…」と心配している方も多いのではないでしょうか。

しかし心配無用、一般的に学生はクレジットカードの審査に通りやすいと言われています。

クレジットカードの審査は、申込者の他社カード利用状況や借り入れに関する信用情報を照らし合わせて審査を行います。

申し込んだ学生の多くは初めてクレジットカードを持つ人がほとんどなので、クレヒスや信用情報にネガティブな情報があることはほとんどありません。

カード会社側もそれを見越しているので審査もそこまで厳しくしない…というのが、「学生は審査に通りやすい」と言われている理由です。

  • クレジットカードを申し込む学生は、ほとんどが今までカードを持ったことがない人
  • 学生の時点で信用情報に傷がついているケースは少ない

また、学生は会社にとって将来有望な顧客候補でもあり、率先して落とすことはしないので安心してくださいね。

特にイオンカードの場合、学生の時からゴールドカードを持てる可能性だってありますよ。

学生でもイオンゴールドカードを持てる可能性あり!』の項目で紹介しているので、気になる方は是非チェックしてくださいね。

高校生でもイオンカードに申込みできる可能性が!

学生でもイオンカードに申込み可能!条件を満たせば高校生でも申込み可能

イオンカードは18歳(高校生以外)で電話連絡が可能な方なら申込み可能です。

  • 高校生以外の18歳以上(卒業年度の1月1日以降なら高校生でも申込み可能)
  • 電話連絡ができる

イオンカードは学生以外に主婦やフリーターの方でも申し込めるので、条件はそこまで厳しくありません。

主婦(主夫)でイオンカードを申込みたい方は『イオンカードの審査は主婦でも通る!専業主婦が審査に通過するためのチェックポイント』の記事を参考にしてくださいね。

また、一般的に高校生はクレジットカードを申し込めませんが、イオンカードは特定の条件をクリアすると高校生でも申込み可能です。

  • 18歳以上
  • 卒業する年の1月1日以降に申し込み

卒業を控えていて、進学先や内定先が決まっている方なら申し込みができるので是非チャレンジしてくださいね。

ただし、20歳未満の方は未成年なので親権者の同意が必要となるので注意しましょう。

未成年は親権者の同意が必要

未成年は親権者の同意が必要必ず親から許可をもらってカードを申し込もう

イオンカードに限らず未成年の方がクレジットカードを申し込む場合、親からの同意が必須です。

同意確認の方法はカード会社によって違いますが、イオンカードは電話による確認を行っています。

未成年の方は親権者の同意が必要です。後日確認のお電話をさせていただきます。
引用元:イオン

イオンカードを申し込み後に記入した電話番号に電話がかかってくるので、親に代わってもらうだけで大丈夫です。

未成年である以上電話確認は避けられないので、まずはお父さんやお母さんから同意をもらうようにしてくださいね。

年齢などを偽って申し込むと、「虚偽申告」として審査はほぼほぼ通らないので絶対にやめましょう。

アルバイトの有無は審査に影響なし

バイトしてないから収入とか無いけど大丈夫かな…」という方でもイオンカードは申し込むことができます。

申込み時に職業を「学生」で選ぶと、年収の記入欄が「0」で固定になります。

イオンカード 学生入力部分が灰色になって数字が入れられない

つまり学生の方は給料や年収に関係なくイオンカードを申し込める、ということです。

学生の中にはバイトをしていない方もいますし、収入額は審査で重要視されることはありません。

もちろん、アルバイトをしている方でもイオンカードに申し込めますよ。

学校やアルバイト先への在籍確認はほとんどない

学校やアルバイト先への在籍確認はほとんどない在籍確認をされることはほとんどないので心配なし!

クレジットカードを申し込むと、申込内容に記載された会社などに在籍確認を取る可能性があると記載されています。

学校に在籍確認される可能性もあるの?」と気になるかもしれませんが、大学などに直接在籍確認を取ることはほとんどないので安心してくださいね。

学生に限らず実際に在籍確認を行うことはあまりなく、連絡がある可能性は申込内容に不備があった場合などです。

  • 学校に在籍確認を行うことはほとんどない
  • 申込内容の不備や確認として連絡が来る可能性はある

できるだけ連絡を貰いたくない人ほど、申込内容はきっちりと不備なく記入することが重要ですね。

ちなみにアルバイト先に在籍確認を取ることもほとんどないので、「バイト先にバレたくない!」という方も心配ありませんよ。

顔写真のある本人確認書類を用意しよう

顔写真のある本人確認書類を用意しよう学生証は本人確認書類にならない!

イオンカードを申し込む際は、以下いずれかの本人確認書類が必要になるので事前に用意しておきましょう。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 在留カード
  • 特別永住者証明書

学生の方がイオンカードを申し込む際の注意点として、学生証は本人確認書類にならないので要注意です。

上記の本人確認書類がないと、例え申し込み条件をクリアしていても申し込むことができません。

健康保険証など、顔写真がないものでも申し込みできないので注意しましょう。

学生がイオンカードの審査を行う際の注意点

学生がイオンカードの審査を行う際の注意点審査が通りやすい学生でも要注意!

学生はクレジットカードの審査に通りやすいとは言え、実際には審査に落ちている方も少なくありません。

特に、以下の点には注意して申し込むようにしましょう。

  • 複数のクレジットカードを同時に申し込まない
  • 本人確認の電話には必ず出る
  • 支払いの滞納経験がある方は審査難易度が一気に上がる

確実に審査に通るためにも、『イオンカードで審査落ちした場合再申し込みは可能?!半年間空ければ申込み可能!』の記事も合わせて参考にするのがおすすめです。

クレジットカードを何枚も同時に申し込むのは厳禁!

イオンカードの審査が通らなくなった時のために、他にも申し込みたい!」という方は審査に落ちる可能性が高くなります。

同じ時期に他社クレジットカードを何枚も申し込むのは、カード会社から怪しまれる上信用情報的にも良くありません。

  • 「お金に困っているのかな?」という印象をもたれる
  • 信用情報には申し込み内容や申し込んだ日にちなど全て記録されている

まず、クレジットカードを申し込んだ時点でその情報が信用情報機関に記録されます。

短期間に何枚も申し込むとその情報が全て記録され、カード会社から見れば切羽詰まっているような印象を受けます。

お金に困っているのかな?」「入会特典が欲しいだけなのかな?」と疑われた結果、審査落ちになるケースも少なくありません。

もちろん審査落ちすればその情報も記録されるので、今後別の審査に影響するのは間違いありません。

クレジットカードの申込み履歴は約6ヶ月間保管されるので、2枚目以降申し込むなら半年過ぎてからがおすすめです。

イオンカードからの電話には必ず出よう

イオンカードを申し込んだ際、電話がかかってくる事がありますが必ず出るようにしましょう。

申し込み内容に不備があったり確認のための連絡がほとんですが、どれも審査に関わってくる重要な連絡です。

実際に、イオンカードの電話に出なかったら審査落ちになった方もいるので要注意です。

特に未成年の方は、親権者の同意が必要なのでほぼ100%イオンカードから確認の電話がかかってきますよ。

諸事情で電話に出られなかった際は、できるだけ早めに折り返して連絡するようにしてくださいね。

支払い遅延の経験がある方は審査難易度が上がるので要注意

特に下宿している大学生の方で、家賃などを何度も滞納した経験がある方は注意が必要です。

イオンカードに限らず、クレジットカードなどの審査はほぼ通らなくなってしまいますよ。

1度くらいの延滞ならそこまで影響しませんが、何度も繰り返していると審査難易度に響いてきます。

支払い滞納や金融事故を起こした場合、信用情報機関には5~10年その情報が記録されます。

記録がある間は「ブラックリスト」という扱いになり、カードやローンの審査はほぼ通りません。

  • 支払い滞納などを何度も繰り返していると審査に影響する
  • 5~10年間はブラックリスト扱い

過去5年以内に支払いの滞納をした覚えがある方は要注意ですよ。

学生がイオンカードに審査落ちしないためのチェックポイント!

学生がイオンカードに審査落ちしないためのチェックポイント!申し込む前に要チェック!

イオンカードを申し込む際は、できるだけ不安要素は残さずスムーズに審査を通過したいですよね。

学生がイオンカードの審査を通過するためには、以下のポイントが重要です。

  • 信用情報、クレヒスに傷がない
  • 不備なく正確に必要事項を記入している
  • 未成年がイオンカードを申し込む場合は、親から同意を得ている

それぞれのポイントに注意して、イオンカードの審査に挑みましょう。

学生でもクレヒスに傷があると審査に影響する

イオンカードの審査に通過する上で最も重要なのは信用情報審査に一番大事なのは信用情報

イオンカードに限らず、クレジットカードやローンの審査には信用情報やクレヒスが最も重要。

クレヒスはクレジットヒストリーと言われるもので、クレジットカードやローンの利用履歴を指しています。

クレヒスや信用情報は年齢に関係なく記録されており、クレジットカードを持っている学生でもクレヒスは既に構築されています。

クレジットカード持ったことないし心配ない!」というわけでもなく、普段の支払いなどから信用情報を記録しているので油断禁物です。

  • 携帯代金の支払い
  • 毎月の家賃など

必要な支払いを期日通り済ませている方なら、まず問題はありません。

もし、支払いを遅延していたり滞納していると信用情報機関にその情報が記録され、5年間はデータとして残り続けます。

記録が消えるまでは「ブラックリスト」入りし、クレジットカードなど金融関係の審査はほとんど通らなくなるので要注意です。

ゆーこ
ゆーこ
普段の何気ない支払いでも信用に繋がりますよ!
  • 支払いの遅延、延滞をしない
  • 他社からお金を借りすぎない

期限を守って支払いをするだけでも、良質なクレヒスや信用情報に繋がります。

また、競馬などのギャンブルや交際費が高額になってきた方で、お金を借りている方も無理のない範囲でやりくりするようにしましょう。

必要事項は不備なく提出しよう!

必要事項は不備なく提出しよう!記入漏れがないようにしよう

基本的なことですが、住所や電話番号などは不備なく記入して提出しましょう。

例え些細な間違いだったとしても、審査落ちの原因となるので要注意です。

学生の場合、学校名を間違える方も少なくないので必ずチェックしてくださいね。

  • 申し込み内容と本人確認書類の情報が違うと審査落ちの原因に
  • 学生の場合学校名の書き間違いに要注意

漢字の書き間違いだけでも審査に影響するの?」という疑問の答えは「YES」です。

クレジットカードなどの審査は、申込み内容と本人確認書類を照らし合わせて情報に間違いがないかチェックします。

どちらかの情報が違うと、最悪「虚偽申告」と判断され今後の審査に影響してきます。

  • 審査に落ちる
  • (既に他社のクレジットカードを持っている場合)強制解約の可能性
  • ブラックリスト入り

単なる書き間違いでも、最悪中の最悪のパターンとしては「ブラックリスト」入りになるパターンも。

どんな場面でもそうですが、必要事項は間違いがないか確認し、不備がない状態で提出するようにしましょう。

未成年の場合は確認の電話がかかってくる場合がある

イオンカードは20歳未満の未成年が申し込む場合、親権者からの同意が必要です。

後日、確認のための電話がかかってくることは知っておきましょう。

未成年が初めてクレジットカードを作るのは、親からの許可がまず第一関門になります。

どうしても許してくれない時は、以下のポイントを押さえながら説得してみるのがおすすめですよ。

  • クレジットカードを作成する目的
  • 学生の間が一番クレジットカードを作りやすい
  • 利用限度額は低く設定されるので、無駄遣いできない
  • 学生のうちからクレヒスや信用情報を積むことができる

親から許可をもらうのが一番大変かもしれませんが、頑張って説得してくださいね。

ちなみに「親にバレずにカードを作りたい…」と嘘の内容で申し込むと、間違いなく審査落ちになります。

奨学金は「他社借り入れ」に記載しなくてOK!

奨学金は「他社借り入れ」に記載しなくてOK!奨学金は「人的担保」なので、申告する必要なし

イオンカードを申し込みたい学生の中には、奨学金を借りて通学している方もいると思います。

奨学金って他社借り入れの項目に書くべき…?」と迷っている方は、書かなくて大丈夫ですよ。

  • 「他社借り入れ」:奨学金は対象外

他社借り入れという項目には、消費者金融などからの借り入れ金額を書くのが通常なので奨学金は対象外です。

カード会社が奨学金を問題視することはまずないので、毎月高額な金額を借りていたとしてもイオンカードを申し込めますよ。

しかし、返済義務のある奨学金を滞納している場合は、信用情報に傷がつき今後の審査に影響するので注意してくださいね。

イオンカードの審査期間は申し込みから1~2週間

イオンカードの審査にかかる時間最短で即日~1週間程度

イオンカードの審査は1~2週間かかり、手元に届くまでは最大3週間かかります。

無事に審査に通過した際は、直接カードが送られてきますよ。

  • イオンカードの審査に通過:直接カードが送られる
  • イオンカードの審査に落ちた:書面が送られる

イオンウォレットなら、最短5分で発行できるので急ぎの方にはおすすめですよ。

イオンカードの審査時間については『イオンカードの審査にかかる時間は約1~2週間!ポイントを押さえてスムーズに審査通過しよう』の記事でより詳しく解説しているので是非参考にしてくださいね。

審査に通過するとイオンカードが届く!

イオンカードの審査時間はおおよそ1~2週間事前に審査結果の連絡がないので注意!

イオンカードの審査に無事に通過した際は、その後直接イオンカードが送付されます。

審査結果につきましてはカードの発送をもってかえさせていただきます。

お申込みいただいてから1ヶ月が過ぎても審査結果がご不明な場合は、お申込み情報をお調べいたしますのでイオンカードコールセンターまでご連絡ください。

※ご希望に沿えない場合は、書面を郵送にてご案内しております。
引用元:イオン

登録したメールアドレスにはカードを発送した連絡が送られますが、「審査に通過した」とはっきり明言しているわけではありません。

しかし、審査に落ちた場合は書面が送られるので、カード発送のお知らせを受け取った場合は審査に通過したと考えて大丈夫です。

イオンカードの審査時間については『イオンカードの審査にかかる時間は約1~2週間!ポイントを押さえてスムーズに審査通過しよう』の記事も合わせて参考にしてくださいね。

オンラインショップでの利用ならイオンウォレットで即時発行!

イオンウォレット

ネット通販でイオンカードを使いたい!」という方は、イオンウォレットで申し込むと最短5分で審査を終えられますよ。

カード店頭受取りサービスは店頭に出向く必要がありますが、イオンウォレットで即時発行すれば全てネットで完結します。

また、キャッシュレス決済として利用可能でき、『Apple pay』や『iD』が使えるお店ならキャッシュレス決済も可能です。

  • イオンウォレット:最短5分で即時発行、ネット通販などで利用可能
  • カード店頭受取りサービス:即日発行、イオンマークのあるお店で利用可能

イオンウォレットで発行する方法は、以下の通りです。

  1. 公式サイトで申し込みたいイオンカードを選ぶ
  2. お受け取り方法で『スマートフォン(イオンウォレット)で即時発行』を選択
  3. 『iPhone』か『Android』いずれかを選択
  4. 対応機種の確認があるので、対応機種の場合は『対応機種』と選択
  5. 『上記に同意し、申込みを続ける』を選択
  6. 画面の指示に従って、必要事項を入力し送信
  7. 最短5分で審査完了のメールが届く
  8. 『イオンウォレット』をダウンロードする
  9. メールに記載されたイオンスクエアメンバーIDとパスワードを入力してログイン
  10. 申込んだイオンカードがアプリに表示される
  11. 後日、物理カードが登録した住所に届く

申し込み自体は画面の指示に従えば簡単に済ませられます。

イオンウォレットでの即時発行は使える対象機種や即時発行できるカードが限られているなど条件があります。

ただ、ネットでのお買い物が多い学生の方には、イオンウォレットはおすすめの選択肢ですよ。

イオンウォレットについては『イオンカードは即日発行が可能!即日発行するための方法や受取り方をそれぞれ解説』の記事内でも解説しているのでぜひ参考にしてくださいね。

要注意!未成年は即日発行できない

申し込んだその日からイオンカードが使えるのが魅力的な即日発行ですが、20歳未満は使えません。

イオンカードは18歳以上であれば申し込みできますが、その中でも即日発行ができるのは20歳以上なので未成年の方は注意が必要です。

  • 18歳以上20歳未満:郵送受け取りのみ
  • 20歳以上:郵送・即日発行ともに可能

カード店頭受取サービス、イオンウォレットでの受け取りどちらも未成年は利用できません。

即日発行ができないとなると、未成年の方がイオンカードを申し込む場合は郵送で受け取るしかないので注意してくださいね。

学生でもイオンゴールドカードを持てる可能性あり!

イオンゴールドカード
基本還元率 無料
年会費 0.5%~
※イオングループではいつでもポイント2倍
国際ブランドVISA・MasterCard・JCB
ETCカード年会費無料
家族カード年会費無料

» イオンゴールドカードの口コミをチェック

イオンカードには、上位カードである「イオンゴールドカード」が存在しますが、実はイオンゴールドカードは学生でも持つことができんです。

学生のうちからゴールドカードを持てるのは、少し現実的ではない部分もありますよね。

しかし、実際の学生さんの中でイオンゴールドカードを持っている方は少なくありません。

イオンゴールドカードは年会費無料で持てるので、学生の間に使っていても維持コストは全くかかりません。

もちろん、従来のイオンカードより利用できるサービスが増えるのでメリットは盛りだくさんです。

  • イオンカード独自特典はそのまま
  • イオンラウンジサービスが利用可能
  • 羽田空港エアポートラウンジが利用可能

ただし、イオンゴールドカードはインビテーションでのみ発行可能なので、すぐに作れるカードではありません。

学生のうちからイオンカードを作って、イオンゴールドカードのためにコツコツ使っていくのもおすすめですね。

イオンゴールドカードのインビテーションについては『イオンゴールドカードを入手するための条件とは!?インビテーションの受け取り方や対象カードについても解説』の記事で解説しているので合わせて参考にしてくださいね。

学生でもイオンカードの審査にチャレンジ!

当記事では、学生がイオンカードの審査を行う際のポイントを解説しました。

イオンカードは、学生にとって作りやすいカードとなっているので審査難易度も難しくありません。

  • アルバイトをしていない学生でも申込み可能
  • 20歳未満の未成年は親権者の同意が必要

ただし、20歳未満の方は親の許可が必要になるので、頑張って説得しましょう。

過去5年以内に借金や滞納履歴があると、審査は一気に不利になってしまうので注意してくださいね。

イオンカードの審査に臨むなら、おすすめはお得な特典が受けられる新規入会キャンペーンを開催中のネット申し込みですよ。

当記事のポイントを押さえて、イオンカードの審査に挑んでくださいね。

» お得なイオンカードの作り方をチェック

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。